「中村的サッカー観からの脱却」国際親善試合 オランダ-日本(3-0)

いや~、しかし日本がここまで弱かったとはね(苦笑)。
私が勝手に設定していたハードルである、日本が先制点を取ってなるべく多くの時間帯でオランダを本気にさせるという条件はおろか、後半になってオランダが少しアクセルを踏み出したらあっさり失点、その後は日本の自慢である運動量も落ちてなすすべなく失点を重ねると言う無様な結果。
選手個々の出来や戦術がどうこうよりも、一本のパスでPA内に進入し、1対1を制して点を取ったオランダとは全く対照的に、日本はせっかく高い位置でボールを奪っても横や後ろにパスを回して相手に時間を与え、ようやくSBのオーバーラップでクロスを上げるも、既に高さと人数が揃っている状態では全く点になる気配が無いという、毎度お馴染みの姿を晒すだけだった。
日本のパスワークの中心である中村や遠藤にまずボールが集まってしまう上に、彼らは速くリスクのあるパスよりもミス無く確実に攻撃がつながるパスを選択してしまうために、結局最後の崩しと言う部分で運頼みになってしまうのだ。
後半から注目の本田が入りはしたが、案の定日本の「パス回しサッカー」からは浮いた状態になってしまっており、目立った活躍は見られなかった。が、オフザボールの動きがつたない本田にリスク覚悟で速くボールを渡し、シュートまで無理にでも持っていくような姿勢が見られない限り、日本の世界4強はおろか、自国開催以外の初勝利も無理なのではないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする