「菊地がやって来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ!」J1第23節 大分-神戸(0-2)

あのわいせつ行為で逮捕された菊地選手を獲得して、残留のためなら火中の栗は拾うわ泥水は飲むわでなりふり構ってられない状態の大分だが、この試合を見る限りでは、残留はもう不可能にしても、来期は返り咲きの可能性が見えてきているように思った。
ポポビッチ監督のサッカーは、ちょうど第1期オシムサッカーの方法論そのもので、とりあえず3バックで後ろはきっちりと守り、攻撃はトップの選手にボールを当てて前後のパス交換をしている間にサイドがオーバーラップして素早くパスを受けるという形になっており、2ラインを組んでかっちり守る神戸に対しても、しばしばサイドから惜しいチャンスを作り出していた。
結局、少ないチャンスに文字通り点で決めた神戸が試合に勝ちはしたが、内容という点だけで見れば大分がそれほど劣っていたわけではない。一昨年の広島のように、たとえ降格しても選手がチームに可能性を見出し、戦術の浸透と有力選手の残留に成功すれば、来期に再び昇格切符を手にする事はそれほど難しくないように思う。
まあ、広島よりもはるかに財務が厳しい大分にとって、選手はおろか監督も抱えてられるかどうかも不透明だったりするんだけどね(苦笑)。
神戸は大久保が好調な決定力を発揮。とは言え、プレイ自体はそれほどキレキレというわけではないし、前線からの守備で結構早い時間帯でヘバってしまってるのは代表に向けてどうかなと心配ではあるが、走るだけで点が入らないよりはよっぽどマシかなと(笑)。我那覇も早く復活して欲しいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする