「フランスのアイドルようやく勝利」ツール・ド・フランス2009第5ステージ

そういやヴォクレールがマイヨジョーヌを着た年からもう5年が経つんですなあ・・・
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=11364
あの時は、序盤の大逃げに乗ったヴォクレールに棚ボタ式でマイヨジョーヌが転がり込み、皆が「山岳になったらすぐにランスにジャージを渡すだろう」と思っていたら、独特の悲痛な顔をした表情で上りでも粘りに粘り、10日間もマイヨジョーヌを着続けて、一躍フランスでもトップの人気を持つ選手にのし上がりました。
それから5年、グランツールでもしばしば果敢にアタックする選手として、ジャッキー・デュランの後継者と呼べる立場を確立していましたが、それでもなかなかツール・ド・フランスでは勝てなかったんですよねえ。
第5ステージは、チームTTの後でトップチームは軒並み疲れており、横風が強くて集団のコントロールが困難な区間だったので、逃げが成立しやすいステージだと予想されていましたが、それでもきちんと逃げを決めて最後の5kmで再びアタックをして逃げ切るのだから大したものです。新城選手が所属するブイグ・テレコムのエースの勝利と言う事で、チームもお祭り騒ぎになった事でしょう!
別府選手もこの逃げには乗っかりかけたようですが、パワー不足の日本人の悲しさで強風に持ちこたえられず、集団に吸収されてしまったようですね・・・うーん、残念。そして総合争いでは、結局全員の集団がまとまってヴォクレールに7秒差まで詰めてゴールしたので動きは全くなし。
今日のコースはスペインに入ってのバルセロナゴール。細かいアップダウンがあるのでまた逃げ有利の展開になりそうですし、フランス南部とはまた違った風景が見られるので楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする