「ベストゆえの敗戦」ACLベスト16 ガンバ大阪-川崎(3-2)

ACL王者として、ホームに同じJリーグの川崎を迎えての対戦となったガンバだが、あえてこの試合に怪我明けから戻ってきた選手を揃えて「ベストメンバー」で戦ってしまった事が、運命を分ける点になってしまった。
川崎は寺田をボランチの位置に置いてバイタルエリアを積極的に使うガンバの攻撃に対して対策をして来たが、それでもガンバの遠藤や二川がタクトを降る早いタイミングでのパス回しの前に川崎は圧倒され、ガンバに数え切れないほどの決定機を作り出される始末だった。しかし、ガンバは遠藤やルーカスが完璧な決定機をものに出来ず、一瞬の隙に中村憲に得点を奪われて1点差で後半を迎えてしまったのが命取りとなった。
後半になると、パスを回され続けていた川崎のほうが疲れてくるかなと思ったのだが、逆にいきなりガンバの運動量がガタリと落ち込んでしまい、中盤でパスをつなげずにロングボールで逃げるだけになってしまって、川崎得意のサイドでのスピードある攻撃を繰り出され、守備手薄になったところからレナチーニョと黒津に決められ、ガンバは慌てて選手を投入するが時既に遅しであっけなく敗戦。
怪我明け選手のコンディションをあえて無視して先発起用し、足が止まってからの交代策も後手に回ってしまった西野監督の采配は責められても仕方ないが、前半の決定機をもう少しものに出来ていたら逆の評価になったのも確かで、それだけガンバは危ない賭けに出ざるを得ない状態だったのかなという気もする。
ガンバのコンディションがベストであれば、アジアの舞台ではトップクラスの戦闘力がある事は証明済みなので、ここでガンバが敗退することは非常に残念だが、この際川崎には是非ともレナチーニョと黒津を引きとめてもらって(笑)、ガンバの無念を晴らして欲しいものだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする