「負ける時はこんなもの」J1第14節 ガンバ大阪-新潟(0-2)

J1再開後の上位対決第一弾は、加地こそ復帰はしたものの遠藤やレアンドロ、山口といった中心選手を欠いたガンバが、ほぼベストメンバーの新潟に苦杯のスタート。
とは言え、ガンバの出来が悪すぎたと言う事は無くて、終始ガンバがボールをポゼッションしてサイドから攻めてはいたのだが、新潟の粘り強い守備と運動量、マーキングの集中力の前に得点を決められず、逆に新潟が少ないチャンスをきっちりものにしたと言う、まさにサッカーではありがちなパターンだったと言えるだろう。
ただ、ガンバは山口が抜けて高木が入った影響があったのか、高い位置まで攻め込んでいた割にはラインがあまり押し上げられずにセカンドボールを支配しきれず、度々「何でそこに跳ね返しを狙う選手がいないの?」といった状況になってしまって、みすみす新潟にカウンターを許してしまっていた事が致命傷になった感じ。
それでも、ガンバは後半から二川が入った事でアイデアと立体的な攻めが見られるようになった事は収穫で、ACLを控えて遠藤がどこまで復調しているか分からないだけに、手持ちのオプションが増えたことは心強いところだろう。
新潟はナビスコを含めると実に5連敗中という泥沼状態だったが、それが逆にガンバという強敵を前にして高いモチベーションと反骨心につながったのか、最後まで集中力が切れなかったのは見事だった。矢野が欧州移籍を目指しているらしいが、新潟には欠かせない戦力だけに、首脳陣やサポーターにとっては非常に気になるところだろうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする