スカパーチューナーのご臨終

突然ですが、長年愛用していたスカパーのチューナーがとうとう壊れてしまった模様です(涙)。
「模様」と書いたのは、チューナーの電源は付くものの放送や番組表が全く見えない状況になってしまっている状態なので、アンテナの角度が何かのアクシデントで変わってしまった、アンテナのほうが壊れた、ケーブルが切れた、コネクタが破損した、といった様々な理由が考えられるので一概にはこれだと言えないのですが、今回は画面に表示されるメニューの時計が全然進んでいなかったり、電波が入らないだけだと番組表も少しはデータが残っているのが通常なんですがそれが全く無かったりで、かなり高い確率でチューナーが壊れたのが原因だと思われます。
まあ、JSPORTS1と2だけならケーブルテレビのほうで見られるのでJについては今後もレポート出来ると思いますが、ツールが始まってしまうとPlusが見れないと非常に困りますからねえ。この際、110°デジタルCSチューナーにしてスカパーe2に入ってしまうというのも手でしょうが、果たしてマンションのアンテナがCSに対応していたのかどうか・・・
それにデジタルCSになってしまうと、チャンネル数の関係から明らかに今までよりもW杯などでのサッカー再放送枠が減ってしまうでしょうし、自動的にあの悪名高きコピープロテクトがかかってしまいますからね。私自身は、試合をコピーして残しておくような事は滅多にしないのですが、あのコピープロテクトのマークが表示されるって事自体が何となく高圧的で腹が立つんですよ(笑)。
そうなると、東芝のDVDレコーダーと連動できるソニーのDST-SP5が欲しいところですが、もう生産中止になってしまってオークションでないと手に入らないですからねえ・・・なんかオークションって怖いし(笑)。コピープロテクトさえ我慢できるならチューナーレンタルって手もあるしなあ・・・なんか良い方法は無いですかねえ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする