「日本じゃ珍しい内弁慶」J2第14節 岐阜-岡山(4-0)

先週末は、定期的に開いているとあるイベントに追われ、サッカーどころではありませんでした。
という事で、時期遅れなのでたまにはJ2下位同士の試合をレポート。
ここまでアウェイで未勝利と、日本では珍しいぐらいの内弁慶な戦績になってしまっている岡山だが、この試合でも持ち味を存分に発揮して(笑)、下位のライバルチームである岐阜に完敗。
ホームでの試合を見ていないから岡山の本当の実力は分からないが、やろうとしているサッカーはとにかくボールを奪ったらシンプルに早くつないでサイドから崩す狙いが徹底されているのは読み取れた。が、パスワークでミスになった後の中盤のフォローが無く、SBもサイド攻撃のために高い位置取りをしているために、あっという間にサイドを破られ、個人能力に勝る岐阜の前線にCB2人だけで対応しなければならない場面があまりにも多すぎた。
やはりこういう速いサッカーを志向する場合は、DFの押し上げと中盤の連動したプレスでミスを素早くフォローする組織が不可欠で、岡山のやっていたサッカーはそれとは全く真逆の内容になってしまっていた。後半、若干岡山の出足が良くなっていた時間があったが、アウェイでどれだけそういった積極的な姿勢を作って行けるかが課題なのだろう。
岐阜は攻撃面では片桐におんぶに抱っこ、といったサッカーで、片桐もいろいろとボールをもらいに動き回るので、これは良い内容にはなるけど点を取る形に苦労するサッカーだな~と思っていたら、思わぬ西川のハットトリック大爆発だった。西川が一発屋で終わらなければ、かなり岐阜も今後は面白い存在になって来そうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする