「イ・グノ旋風」J1第7節 京都-磐田(2-3)

静岡ダービーでいきなり2ゴールを挙げるデビューを飾ったイ・グノだが、この試合でもその威力をまざまざと見せ付けた。
磐田の先制点では、スピードではJの中でも高い実力を持つ水本を振り切って前田に決めてくださいと言うようなパスを出し、その後は京都に逆転されてしまったが、駒野のクロスを冷静に決めて同点ゴール、3点目も京都DFがロングボールの処理を誤ってポジションがかぶったところをかっさらってジウシーニョにパスと、まさに磐田の攻撃を一人で牽引していたといっても過言ではない。
もともと磐田には技術のある選手が揃っており、どこかに攻撃の核が出来ればこれほど負けが込むチームではないと思っていたが、イ・グノのスピードが見事に磐田の中にきっちりとはまり、彼の存在によってDFが引き付けられて出来たスペースをパスワークで有効に使えるようになった。
京都はせっかく逆転しながらも、そこからのチェンジオブペースがうまく行かず、後半にSBを高く上げて攻め込んだ戦い方のままでいたことが、駒野が攻めあがって数的優位を作られてしまう要因になってしまった。若いチームにありがちなミスではあるが、ホームでしかなかなか勝ち点を挙げられないチームなだけに、あまりにもったいない試合運びであった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする