「どっこいの完成度」J1第5節 名古屋-浦和(0-1)

もう明日は次の試合なので簡単に。
ともに優勝候補と見られるチーム同士の対戦だったが、スタジアムの盛り上がりはともかくとして、内容的には少々寂しさを感じる試合だった。
浦和はフィンケ監督のパスをつないでポゼッションをするスタイルが浸透しつつあるが、まだまだ好調時のガンバのような、選手が流れるように動きながらボールが回ったり、阿倍と鈴木という代表クラスのダブルボランチを揃えていながら大きなサイドチェンジを交えるシーンが少なく、手数をかけた分だけシュートまで持ち込む時間が長くなって相手の守備陣形を崩せず、結局は闘莉王の高さで落したボールを原口が蹴り込んだゴールのみで終わってしまった。
名古屋はとにかく各選手の運動量が少なくて、結果的にワイドなポジションの間を強いパスでつなごうとするオランダスタイルみたいなサッカーになってしまっていたが、当然オランダほど個々のキープ力が高くなく、ミドルパスの精度も低い状態では攻撃がうまく回るはずも無く、後半になって杉本を入れてからは多少サイドで起点を作れるようにはなったが、守備を固める浦和の前に得点を挙げることが出来なかった。
これで浦和が名古屋より一歩抜け出して2番手を追走する格好になったが、まだまだ優勝を狙うにはチームの完成度は物足らず、もう一段選手の奮起が欲しいところ。セレッソのマルチネスを取ってきてボランチに入れたら相当強くなりそうだけど(笑)。名古屋はどうも悪い方向へと歯車が回って止まらない感じ。ACLの試合も再び迫ってきてるので、ここらが正念場だろうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする