「水野復活」スコットランド・プレミアリーグ セルティック-ハミルトン(4-0)

セルティックは4点で快勝はしたものの、内容的にはもうひとつぱっとせず、ハミルトンの最終ラインのDFのルーズさで得点を積み重ねられたという感じ。
怪我明けの中村のせいだけではないけれど、ワンタッチで早くパスを回そうとしてミスが重なったおかげで、途中から足元でつなぐパスになってしまい、ボールをキープはするけど流れるような高速攻撃を仕掛ける場面はあまり作れなかった。
そんな中で嬉しかったのは水野が久々に出場した事。それも、今までのようなサイドに張りついたままのプレイではなくて、中に入ってボールに触り、ドリブルを仕掛けたり大きなサイドチェンジをやってみたり、CKやFKを積極的に蹴ったりと、まるで中村の双子ではないかというプレイ振りだったのにはびっくりした(笑)。
中村が今期終了後に日本に帰国するかどうかは不透明な状況だが、今の調子を続けていけば、最初は日本の誰もが「?」だった中村の代わりとしての水野、という期待に応えられるかもしれないね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする