「似たもの同士」J1第2節 浦和-FC東京(3-1)

休日モードだし古い試合だしでごく簡単に。
両方ともSBの高い位置取りとプレッシング、ショートパスを多用するサッカーだけど、コンビネーションが出来ているというよりは、まだまだ戦術的な頭で縛られているという面でも良く似ていて、序盤はともに落ち着かないサッカーのままで1点ずつを取って折り返した。
ところがどうした事か、後半になると一気にFC東京の運動量が落ちて、開始直後にエジミウソンの2点目が決まるとあとは浦和のやりたい放題。東京は、一応守備には人が動いているんだけど、ただパスコースを切っているだけでほとんど実効性が無かったね。
うーん、ちょっとFC東京の出来があまりにも酷すぎてどうにも評価に困る試合だったけど、浦和に関しては、後半の切り替えの早さ、個人技を繰り出す判断などを見ていると、少し選手の間に自信が戻ってきたような気もする。ただ、ボランチ陣に溜めやペースチェンジがあまり期待出来ないので、今のままだと「控えが豪華な小笠原抜きの鹿島」程度の将来像しか浮かばない(笑)。さて、ここからどう積み上げていくのか。
積み上げと言えば、昨年1年やったはずのFC東京はどうしちゃったのかねえ。相変わらず核と形の無い攻撃、しかも運動量も浦和に惨敗というのでは何とも評価の仕様が無い。城福さん、大丈夫?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする