「正直言ってラッキー」ACLグループF FCソウル-ガンバ大阪(2-4)

FCソウルはギュネス監督がさすがの手腕を見せ、非常にコンパクトな布陣でラインの押し上げも高く、相変わらずフィジカルとスピードに優れた若手選手を効果的に配し、モダンで強力なチームを作り上げて来た。
ガンバは、特に前半は審判の判定がかなりホーム寄りで、フィジカルコンタクトでほとんどファールを取られ無かった事と、中盤での激しいプレッシャーの前に、持ち前の細かいパス交換がことごとくカットされ、幸いにも確変してくれていた藤ヶ谷のファインセーブに助けられはしたが、内容としては散々なものだった。
その中でも遠藤の出来が非常に悪かったのは気がかり。遠藤の持ち味は相手の勢いをいなすようなパスとボールキープなのだが、序盤の激しいプレッシャーの前に緩いパスがカットされ、それでペースを崩したのかボールキープでもミスを連発、相手の逆襲の起点になってしまったのが痛かった。
そんなガンバを救ったのは、前述の藤ヶ谷に加えて山崎とレアンドロの活躍で、山崎は若いソウルのミスを逃さずワンチャンスで貴重な先制点を奪い、レアンドロはカウンターの尖兵となって決定的な場面を次々に決めてハットトリックと、今回に関してはガンバは前線の選手様様といったところだった。
それにしてもFCソウルは惜しいチームである。チーム戦術も攻撃陣も強力でガンバを押し捲りながらも一つのミスで失点、そして2点目は完全なマークミス、後は焦って攻め急いでガンバのカウンターの餌食と、まさに若いがゆえの問題点が勢揃いしたような結果になってしまった。GKも、もし水原のイウンジェだったら2点は止められていたかもしれない。
まあとにかくガンバは、ソウルにホームで大敗しなければもう1位抜けはほぼ確定かな。遠藤がちと心配だが、あとはターンオーバーを上手く使いつつ、遠藤抜きでも機能させられるようなチームが作り上げられれば、国内・ACL2冠も夢ではないと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする