ガンバの宇佐美君がブラジルから2得点!

毎日ネタが無いネタが無いと飽きずに繰り返してますが、今日もさっぱりネタ不足絶賛開催中です(笑)。
いや、一応サッカーそのものは見てまして、昨日はFAカップのマンU対スパーズの試合を見てましたが、キャリックがダイレクトでベルバトフの抜け出しに合わせたパス凄いな、ベルバトフのワンタッチで前にトラップしてコースに決める技術は凄いな、と無いものねだりでよだれを垂らしているだけで、世界のトップ10を目指すならやっぱ戦術より何より選手の才能ありきだと痛感させられてました。
その才能と言えば、才能だけならここ10年の中で1、2を争うだけのポテンシャルを持っているガンバユースの宇佐美君(トップ昇格が決まってるからガンバ所属でいいのかな?)が、コパ・チーバスでブラジルU-17から2得点を挙げたようですね。ただ、2戦目のMoreliaというメキシコリーグのクラブ相手には0-1で負けたようですが・・・相手は年齢制限なしなんですかね?
宇佐美君については、アジアユースやJユースカップでの試合を見ても攻撃の才能自体には疑いは無いんですが、これからどれだけ走れるかというところに尽きますよね。マンUのルーニーやテベス並に走る能力を身に付けないと、日本人に限らずこれから欧州でFWとしてやって行くのは厳しい時代ですからね。
あと、登録リンクに俺達のFOOTBALLあらいぐま珈琲3号店を追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする