アジア杯最終予選 日本-イエメン(2-1)

ま、この時期にこのメンバーならこんなものでしょうと言うしかないね。
もともと岡ちゃんには攻撃システムを構築する手腕には期待してないし、経験が浅くて自己アピールに必死の若手を集めれば、そりゃこんな3人目の動きの無い足元強引ドリブルシュートサッカーで終わるのは当然予想されていた事。
しかも選手のコンディションはバラバラで、田中達や岡崎がハツラツとした動きを見せていたのに対し、肝心の中村憲は明らかに出来が悪く、パスのスピードや精度に欠けて、1点を取られてから守りを固めてきたイエメンに対して有効な散らしやクサビのパスが打てていなかった。
とは言え、イエメン戦での個人的なチェックポイントであった攻撃から守備へと切り替わった際のプレッシングの早さについては、まずまずそれなりに素早く組織的な動きが出来ていたのは良かったように思う。
ただ、オーストラリア戦に向けてという事を考えると、先発にチビッコを並べて案の定イエメンにセットプレイからやられてしまった事と、途中からやっと出場した巻に対して動きながらボールをもらえと言う指示はいかがなものかと。
ガンバがアデレードには点を取られずにマンUにあっさりと2点取られたのを見ても、高さに精度が加われば簡単に点が入るのがセットプレイの怖さで、相手のラインを押し下げてセットプレイにつながる連続攻撃を許さないためにも、高さのある巻を張らせてその裏を田中達や大久保、岡崎に狙わせるほうがいいように思うのだが・・・
まあ、岡ちゃんはチビッコ前線でかき回して接近・展開・連続サッカーをやる事に意固地にこだわっているから、この方針がそう簡単に変わるとは思えないけど、アジアの中堅相手にはある程度通用しても、オージーあたりのレベルになるととことん日本を研究して弱点を突いて来るサッカーをやって来るので、その時になって後悔しないように願いたいものですなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする