J1第34節 千葉-FC東京(4-2)

昨日はクソ寒い中自転車で長居に行って帰ってきたのでさすがに疲れました(笑)。なのでこっちは簡単に。
J2のほうはドラマ無く終わってしまったが、J1残留争いは千葉が70分から2点差を逆転、自動降格枠から一気に残留決定という大ドラマが起こってしまった。
試合は前半から思い切っていくしかない千葉と、梶山がいなくてますます遅攻が出来なくなっている東京の攻め合いという目まぐるしい展開のサッカーだったが、東京がまずセットプレイで先制点を挙げ、後半には長友のサイドからPAへの切れ込みから放ったシュートが決まって2点差にし、これで誰もが千葉はここで終わったと思ったに違いない。
しかし18分にここまで東京の攻撃を牽引してきた羽生が退場した事がキーポイントとなったのか、逆に千葉側の交代で入った新居が絶妙のトラップからシュートを決めると、すぐ後には巻の落としに走りこんだ谷澤が同点に。そのまた3分後には今野がPA内でレイナウドを倒してPK。これで流れは完全に千葉のものとなり、最後は谷澤が独走で駄目押し点を決めて終了。
あまりにもうまく行き過ぎの感はあるけど(笑)千葉は最後の最後20分間で、ようやく全てが吹っ切れたサッカーを見せてくれたね。ミラー監督の采配には細かいところで?もあるけど、こういう戦術指向のサッカーをやるチームがJ1に残ってくれるのはJにとっても良い事。
これで降格決定はヴェルディ、入れ替え戦行きは磐田になったが、どちらも戦術としてはあいまいな部分を持ってしまっているチームなだけに、J2になっても同じような調子でいたらセレッソのように苦戦を強いられる事は間違いないだろう。
さて、10日からはいよいよ運命の入れ替え戦。楽しみだけど、BSやJSPORTSでやらないのが残念。どっか急遽放送してくれないかなあ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする