U-20女子W杯準々決勝 日本-北朝鮮(1-2)

うーん、U-20男子ほど無様ではなかったけど、典型的なコリアンチームにやられるパターンになってしまったなという感じ。
北朝鮮は高い位置からのプレスとロングボール、そしてクロスと判で押したようなコリアンモードのチームで、日本は守備組織に関してはコンパクトさを保ってある程度安定した対応をしていたのだが、逆に攻撃のほうがさっぱりだった。
欧州やアフリカンのチームだと、日本が高い位置でボールを奪えばそこにはおいしいスペースが広がっていたのだが、北朝鮮は圧倒的な運動量でボールに対して素早くプレスをかけてしまうので、日本の選手が余裕を持った状態でボールをキープしてスペースを探す事が出来ず、素早くプレイしようと言う意識が強すぎてエースの原や永里にも細かなミスが相次ぎ、それが積み重なって全体の有機性が崩れてしまっていた。
日本はシュート数こそ多かったが、そのほとんどがPA外から相手のプレスが来る前に打ったミドルでしかなく、ゴール前でしっかり人数をかけてパスを回して崩すといった日本が得点につなげやすい攻撃パターンをほとんど作ることが出来なかった。
そして若年層の日本代表に共通する弱点である、1対1での守備の甘さを突かれ、PA内で人数が足りていたのにドリブルで突破されて2失点。永里のFKで一時は同点に追いつきはしたが、日本にとっては悔いが残る結果に終わってしまった。
U-17と同様に、グループリーグで他を圧倒していながら、ノックアウトステージでは相手の球際の強さに負けての敗戦と、勝負がかかったところでの弱さと言う部分が克服できなかったのは残念。月並みな表現だけど、この悔しさを今後の個人やチームの成長に生かすしか無いね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする