清水対千葉、山形J1昇格、地域決勝にJFL

今週末は様々なリーグが大詰めを迎えて、来期の昇降格の状況がどっと決まりましたね。
まず山形は劇的な逆転勝利で見事J1昇格決定。借金経営が許されない、Jで唯一の社団法人格のクラブの昇格は、間違いなく他の地方クラブの勇気になるはずです。おめでとう!
後のJ1・J2入れ替え戦の残り1枠を巡る争いには、いつの間にかセレッソがしぶとく復活してきて仙台・セレッソ・湘南で最終節を争う事に。鳥栖は一応仙台から勝ち点3差ですが、残念ながら得失点差がかなりあるので実質的には不可能ですね。
JFLでは、鳥取が敗れて岡山が栃木に引き分けた事で、ファジアーノ岡山がJFL4位以内を確定してJ入りの切符をほぼ手中に。JFLをわずか1年で通過してのJ入りは本当に見事です。鳥取は残念でしたが、来期は準加盟クラブがごそっと減るので来年は大きなチャンスが待ってますね。
石垣島の地域決勝は、最終戦で町田と長崎が共に勝利し、JFL自動昇格の2枠入りを果たしました。ホンダロックは一応入れ替え戦枠という事になりますが、栃木・岡山・富山のJ入りはおそらく固いので、まずJFL入りは大丈夫でしょう。長崎には是非準加盟の準備を進めてもらって、一気にJ入りを狙って欲しいところです。
そしてJ1の残留争い崖っぷちの千葉ですが・・・清水との試合を見たけどいつの間に千葉はこんなになっちゃったの?と言いたくなりました。
降格圏から這い上がって来ていた頃のサッカーは、早いプレッシャーからサイドの素早い動き出しに合わせる攻撃が機能していたのに、やはり残留争いのプレッシャーが現実のものになって来ると負けたくないという気持ちのほうが強くなってしまうのか、本当に攻守の切り替えがびっくりするぐらい遅くなってました。
かえって清水のほうが伸び伸びとスピード豊かなサッカーをしていて、少し前の千葉を見たものとしては、どちらが清水でどちらが千葉なのか混乱してしまうぐらいでした(苦笑)。こんなサッカーをやっているのでは、選手の質で劣る千葉が清水に負けるのは当たり前ですよね。
まだ救いがあるとすれば、巻が闘志を前面に出して孤軍奮闘していたところですね。状況はかなり厳しいですが、ヴェルディの次が川崎戦なので、次節に勝てば自動降格を免れる可能性は決して低くないはず。開き直りと闘志を前面に出して頑張って欲しいものです。
追記:JFLの3クラブのJリーグ加盟が正式決定しましたね。これで来期はぐっとJが賑やかになりますね。栃木、富山、岡山の皆さんおめでとう! あとついでに入れ替え戦無しでJFL復帰のホンダロックもおめでとう。しかし、アルテ高崎はまたもJFL残留ですなあ。運がいいのか悪いのか(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする