名波・大久保・ヨンセン・・・サッカー界の小ネタいろいろ

昨日は朝に早起きをしてカタール戦を見たおかげで早々と就寝。
と言うわけで、最近ほとんど触れていなかった小ネタをいろいろと。
名波の引退
名波の代表での活躍はもちろんですが、あえてプレースタイルからすると不向きなイタリアに移籍し、残留争いでパスワークどころじゃないサッカーをやっていたベネチアで、それなりの働きが出来ていた事は、その後の日本選手の海外移籍に対して大きな勇気を与えてくれたと思います。とにかくお疲れ様でした。
栃木SCがJFL4位以内を確定
まずはJFL一抜け&関東で唯一Jの無い県からの脱却おめでとう! 財務面でJ側から注文をつけられている状態ですが、スポンサー収入も課題の1億を突破したようですし、まだ増資の問題は残ってますが、まず12/1の正式決定は固そうです。次は岡山か富山か、それとも鳥取の大逆転なるか?
大久保にヴォルフスブルグから正式オファー
それにしてもマガト監督は日本人が好きだよね(笑)。まあ長谷部のインタビュー記事とかを見ても、規律と献身的な動きを重んじる監督のようだからその意味では間違ってないんだけど、最近はかなり自己中ぶりが無くなって来たとは言え大久保に関してはどうかなあ・・・(苦笑)
ヨンセンの名古屋退団が決定
俺が俺がのブラジル人選手ばかりのJにあって、献身的に走ってチームのために頑張るヨンセンのプレイが好きだったので残念。サイドからのクロスが持ち味の名古屋にもフィットしていたとは思うんだけど、今期はあまり点が取れてないみたいだし、年齢的な問題も考慮すると納得できないわけじゃないんだけどね・・・戦術の柱を入れ替えても成績アップできるのか、ピクシーの手腕が問われるところでしょうね。
明日から地域決勝大会が開幕
土壇場で松本山雅の逆転選出でサプライズを巻き起こした地域決勝大会が明日から始まりますね。JFL昇格の有力候補としては、バンディオンセ加古川やV・ファーレン長崎、長野ACパルセイロ、グルージャ盛岡といったところになるでしょうが、超短期決戦ゆえ毎年波乱が起こるのがこの大会の特徴なので、松本山雅にも十分チャンスはあるでしょう。何にしても楽しみですな!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする