J1第24節 G大阪-名古屋(0-1)

上位対決が目白押しの今節の中でも、ガンバと名古屋という攻撃力に特徴を持ったチーム同士の対戦という事で、個人的に注目していた試合だったが、攻撃力のぶつかり合いではなくて、名古屋の守備の粘り強さが非常に印象的だった。
ガンバはさすがに遠藤と山口が戻ったら一気にチーム力が復活し、持ち前の細かいパスワークで名古屋をポゼッションで圧倒するものの、前節でも守備が酷かったのに何故か起用され続けている下平がスローインからのつなぎであっさりと裏を取られてしまい、低いクロスを小川に頭で流し込まれて失点。
その後もガンバの攻勢は続いたが、守備が間延びしていた最近の名古屋とは見違えるように、4人のDFとボランチで名古屋がしっかりとコンパクトな守備ブロックを作ってガンバの攻撃を跳ね返し続け、ガンバもロニーがそれなりに奮闘はして惜しい場面を作ったが、やはりバレーに比べると破壊力不足は否めず、楢崎の壁は最後まで破れず敗戦。これでガンバは事実上優勝争いからの脱落となってしまった。
名古屋は今までの試合を見た限りでは、優勝を狙うには試合内容が危ういかなと思っていたのだが、この試合では守り優先に絞れる分かりやすさがあったとは言え、リバプールばりのしぶとい守りが出来るようになっているのは大きい。他の上位に比べるとACLでの負担も無いし、これはひょっとしてひょっとするかもしれないな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする