南アフリカW杯アジア最終予選グループ1 ウズベキスタン-オーストラリア(0-1)

ようやく2試合目にして、次の相手であるウズベキスタンの試合を観戦。
3次予選でどの国よりも早く最終予選への突破を決めたという事で、非常に不気味な存在だと思われていたウズベキスタンだったが、さすがにプレミアリーグ所属の選手がずらりと並ぶオージー相手には力量不足を露呈し、後半こそウズベキスタンが押し込みはしたがクロスはことごとく中央を固めたオージーDFに跳ね返されて決定機を迎えた場面はほとんど無いに等しく、内容的にはほぼウズベキスタンの完敗といっていい試合だった。
とは言え、日本が舐めてかかっていい相手かと言われるともちろんそんなはずは無いのは当然で、選手個々の技術レベルは大した事は無いものの、ロングボールを相手陣内に蹴ってからのセカンドボールを狙う攻めあがりの鋭さ、そしてどんな体勢でもパスを受けられればシュートまで持っていけるシャツキフの能力には目を見張るものがあり、不用意なパスミスを拾われてからすぐにシャツキフまでフリーでボールが渡れば、あっという間にシュートまで持っていけるだけの怖さを持っているのは確かだ。
とにかく日本は、まず確かなポゼッションでフィードのミスや中盤でのパスミスを起こさずきっちりとつなぎ、相手のゾーンが前に出てきたところでDFラインの裏を取るような動きが見せられれば、それほど恐れる相手ではない。2連敗で絶対に勝ち点3が必要な相手のはやる気持ちを逆に利用するようなしたたかさが欲しいところだ。
そしてオーストラリアに対しては、まあ総合力を上げて行くしかないのかなと(笑)。あえて隙らしきものを探してみるならば、ウズベキスタン戦の後半で守勢に立たされたように、海外組が主体なので常に時差との戦いがあってコンディション面でベストを維持する事が難しく、各選手の高さについては申し分ないが、スピードについてはアジアでも並のレベルで、足での決定力は日本同様にあまり期待できないところだろうか。
日本としては、オージーの高さへのケアはもちろんだが、とにかくどんな状況でもしっかり中盤でつなぎ、相手DFラインの裏で何度も勝負できるようになれば、オージー相手に勝ち点で上回る事も夢ではないだろう。
さて、明日は今一番勢いに乗っているカタールの試合を見てみるかな・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする