J1第23節 名古屋-清水(3-2)

世間はバーレーン戦に向けて盛り上がってる最中・・・ではないけど(笑)、次のアクションコラムに名古屋の事を書いたので、時期遅れになるが録画しておいた試合を見てみた。
名古屋は清水に逆転勝利の快勝・・・と言いたいところだけど、やはり春の内容からするとかなり危なっかしい試合運びで、サイドから攻めようという意欲は当然高かったのだが、サイドが上がる割にはCBの位置取りが低いままで、清水・岡崎の先制点もサイドで起点を作られ、十分なカバーが出来ないままに突破されて喫した失点だった。
後半7分に玉田のFKでリードした後は、コンパクトとは言えないまでも、SBがあまり上がらずに4人でラインをコントロールして清水の攻撃を牽制し、清水の高さ不足と楢崎の奮闘に助けられて何とか清水の猛攻から逃げ切りはしたが、とうてい首位にふさわしい試合運びが出来ているとは言えず、まだまだJ1の優勝争いが混沌とする可能性は高そうだ。
清水は五輪組が好調な上に市川が復調し、一時の絶不調の状態からは立ち直りつつあるが、やはり西澤ではとてもチョゼジンの代わりにはなれず、得点パターンが確立出来ていないのが厳しい。矢島のミドルは見事だったが、あれを毎回期待しろというのは無理な話だ(笑)。
あ、そういやスカパーのチャンネル換えを忘れてた! と言ってもヴェルタも始まってるし、とりあえず今のところはブンデスとナビスコが見られる739だけ追加してみるかな・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする