全国少年サッカー選手権

世間は福田首相辞任のニュースで大変なようですが、私自身もこの3日間は大変でした(笑)。
私が主催する某イベント(Notサッカー)のために土日は忙殺され、月曜は疲労と筋肉痛、そして二日酔いで完全に死亡してまして、とてもJや海外の試合を真面目に見る気力が無く、録画してあった全国少年サッカー大会のダイジェストを見てました。
優勝したのはFC浦和で、クラブユースの子供ほどテクニックは無いものの、全員がサボらずに良く走ってカウンターの場面で忠実に攻めあがり、1対1でも粘って相手に決して自由なプレイをさせない芯の強さで、後半からは同点にされて焦りと疲れが出た名古屋を圧倒。順当な勝利でした。
名古屋は前半こそ華麗なテクニックとパスワークで浦和を押し込みましたが、パスやドリブルで簡単にゴール前まで行けたせいなのか肝心な場面でゴール前に詰められず、守備も数的優位を作られるとあっさりマークを外すなど、ある意味クラブチームらしい欠点を露呈してしまいました。
水原戦で素晴らしいテクニックとドリブルを見せつけた桜井君も浦和の守備の前に存在を消され、いいところがありませんでしたね。日本のテクニシャン特有の王様臭が感じられるのがアレですが(笑)、将来は確実にJ入りする事でしょう。GK登録ながらウイングで出ていた中村君もスピードと運動量があって良かったです。
柿谷、宇佐美、そしてこの桜井君のようなタレントが考えて走る事を覚えてくれれば日本の将来は明るいんですけどねえ・・・オシム爺はいつになったら日本の若年層をコーチしてくれるんだろうか。
あと、登録リンクに「名古屋グランパス徹底blog」を追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする