南アフリカW杯アジア3次予選 グループ2 日本-バーレーン(1-0)

この土曜はインド料理食事会なんて慣れないものを主催してどっと疲れ、昨晩の冷えでとうとう熱まで出てしまいました(笑)。なので戦評は簡単に。
若手好きの岡ちゃんらしく、互いに勝ちぬけが決まっているバーレーン戦の先発に、本田圭と安田、内田とU-23世代の選手を起用したが、結果的にこれが苦戦の要因になってしまったように思う。
本田圭は、ボールを落ち着かせる選手がいないU-23ではそれなりに効果的な役割を発揮していたのだが、中村・遠藤・中村憲とボールが持てる選手だらけのA代表では宝の持ち腐れで、本来このポジションである松井ほどゴール前でからもうという意欲も無かったので、結果的に中盤でウロウロする仕事しか出来なかった。
安田と内田は、仕掛ける意識やクロスの精度はなかなか良いものを見せていたのだが、攻め上がるタイミングが明らかに遅く、サイドチェンジのチャンスに「そこでSBに、あれ?いない」と試合を見ていて何度も探してしまったほどで、かと言って守備は良いわけではなく、中途半端なポジショニングで簡単に裏を取られたり、1対1の対応で遅れを取る場面が目立っていた。
そして得点力不足という点では、誰も世界に通用するFWのタレントがいない日本では、CFを置かない0トップ戦術を採るのはそれほど間違っているとは思わないので、勝敗に関係が無いこの試合でバリエーションのテストをやるのは別に悪くない。ただ、得点感覚という点ではおそらく日本で一番の森本を若手好きの岡ちゃんが呼ばなかったのは不思議だけど(笑)。
まあ、それでも最初のPKが決まっていればここまで注文を付ける事も無かったんだろうけどね。最終予選では必ず遠藤にPKを蹴ってもらわないとなあ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする