南アフリカW杯アジア3次予選 グループ2 タイ-日本(0-3) そして最終予選進出決定!

いやはや、日本はCBのツインタワー様様だったよね(笑)。
と一応茶化してはみたけど、日本の勝負に対する気迫、特に前半に見せた激しいプレスによってタイのミスを誘ってセットプレイの山を築いた事が得点につながったわけで、リスクをかけても前半から勝負に出て、それをきっちりと結果につなげた事は素直に選手を誉めるべきだろう。
が、あれだけ高い位置でボールを奪いながら、試合終了間際に駒野から中村憲が決めたようなタイDFラインの裏へと勝負するようなボールはほどんど無く、回して回して最後にようやくサイドから勝負という場面がほとんどだった事が、決定的なチャンスよりもセットプレイのほうがはるかに多い原因だったように思う。
無理やり先発で起用した中村はやっぱり動きが悪く、松井はここで懸念したとおり(笑)変に余裕を持ってしまうと無駄におしゃれなプレイをして効率が悪くなる悪癖が出てしまい、大久保の代役で起用した香川も気負いすぎたせいか終始空回りと2列目の出来が揃って悪かったが、その分玉田と遠藤、長谷部が素晴らしい運動量で2列目の悪さをカバーしていたのが日本にとってラッキーだった。
しかしそれはたまたまそうだったという話であって、交代で入った矢野や中村憲が非常に良かっただけに、正直言って何故彼らを先発もしくはもっと早い時間帯で使わなかったのかという疑問は残る。中村の能力は疑うべくも無いが、怪我で足の感覚が無くなっている中村が中村憲以上だとは思えないし、今から中村に頼りっぱなしなのではあまりにも情けなさ過ぎる。
そして、バーレーンがオマーンと引き分けたために、日本は最終予選進出が決定した。まずはほっと一安心というところだが、ここまでの試合内容を見ればまだまだ最終予選に向けて万全とは言えない。中村も岡ちゃんも試合後のインタビューでバーレーンにリベンジしたいという気持ちを吐いていたが、そんな贅沢を言ってる場合じゃないだろうと(苦笑)。
このメンバーは日本にとって現在のベストかもしれないが、他にもっと良いベストが無いという保証はどこにも無いわけで、海外組を贔屓してチームに亀裂を作った某監督の轍は踏まず(笑)、調子が良くてやる気のある選手はどんどんバーレーン戦に起用して、最終予選に向けてチームのムードと選手層の底上げを図ってもらいたいところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする