南アフリカW杯アジア3次予選 グループ2 オマーン-日本(1-1)

いやはや、とにかく相手のPKが決まらなくて良かったね(笑)。
この試合の日本は、岡ちゃんが前の試合で妙な自信を持ってしまったのか、怪我の長友の代わりに内田を右に入れて左に駒野を持ってきただけの布陣だったが、ボールを持てる割にシュートが少なかったホームオマーン戦の教訓は生かされず、監督が交代してベタ引き+ロングボールによるカウンター一辺倒に切り替えたオマーンの中東戦法の前に案の定大苦戦してしまう結果となった。
オマーンの先制点は日本が集中力を欠いていた面はあったとは言え多分にラッキーなゴールだったし、日本のボールの流れもそれほど悪いわけじゃなかったが、相手がベタ引きのところに高さの無い玉田と大久保を先発にして、ロスタイムになってからようやく矢野と今野を入れただけの采配はどうにも疑問に思わざるを得なかった。せめて、もっと早いタイミングで高さのある選手を入れるべきではなかったか。
まあ、灼熱のアウェイで勝ち点3を取れなかったからと言って、それですぐに岡ちゃんを攻める気持ちにはなれないけど、あからさまに報復行為をやってしまった大久保はあまりにも愚かだったよね(苦笑)。選手としての能力に疑問を持つところは無いけれど、オフザボールの動きの工夫やメンタルの部分でなかなか成長が見せられないのは本当に残念だ。これからの起用はもちろん岡ちゃんの判断次第だが、オシムならもう先発で使う事は無いだろうね。
とりあえずタイとバーレーンの結果がどうあれ、日本は残り試合に全勝すれば3次予選を突破出来る道が開かれたわけで、今日のような暑さで集中力を欠いた失点を喫するような場面を作りさえしなければ、それほど悲観する事は無いように思う。ってまたあんな失点をやりそうなのが心配なんだけどね(苦笑)。
それにしても、遠藤のPKが相手に研究されていたのはちょっとビックリ(笑)。それで、オマーンのGKが動かなかったのを見てギリギリのコースにゆるいボールを決めた遠藤はさらに凄かった(笑)。ま、とにかくこれからもまだハラハラドキドキの展開は続きそうだね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする