ACLグループリーグはまずガンバが勝ち抜け、鹿島は順調に圧勝

またもやってしまいました、鹿島戦の録画ミス(涙)。
時刻の設定はちゃんとやっていたのですが、録画リスト一番左の「録画実行チェックボックス」が外れてました・・・まあ原因はだいたい分かっていて、一度録画予約をしていてキャンセルしたリストにそのまま日時を上書きしたので、キャンセル時のチェックボックスがそのまんまになっていたんだと思いますが。
つーわけで、鹿島戦については当然見られず、ガンバの試合もBSなので前半だけを見たところでさすがに寝てしまいました。でも、ガンバ戦の前半は翌日の寝不足を覚悟してもいいかなと思ったほどの熱戦でしたね。
もちろん、今はもうガンバが結局2-0で勝ったという結果は知ってますが、予想通りと言うかそれ以上にチョンブリのプレスや攻撃のスピードが速くて、特に序盤はガンバの選手がボールを持ってもパスの出しどころが無くて足を一旦止めてしまう場面が多く、苦し紛れのパスを出してはチョンブリにカットされて波状攻撃を繰り返されていました。
審判もホームびいきという訳ではないのですが、非常にボディコンタクトに対して厳しく、チョンブリFWのネイ・ファビアーノがロングボールに対してガンバDFと競った時に倒れるのが上手く、かなりFKの場面を与えてしまっていました。
それでもガンバが何とか前半を無失点で切り抜けられたのは、もちろんGK松代の奮闘が第一ですが、ガンバ守備陣が押されながらも隙を見てラインを押し上げ、チョンブリの勢いを止められる時間帯を作れたことも大きかったように思います。その辺は選手の経験もあるのでしょうが、やはり去年浦和が優勝して盛り上がりを見せたACLに対する、選手やサポーターの強い意欲があったからじゃないかと思いますね。
そして鹿島のほうはホームでクルンタイバンクに予定通り圧勝、北京がナムディンに3-0で勝ったために勝負は最終戦に持ち越しになりました。北京もアウェイなので得失点差での逆転は買収でもない限り有り得ませんが、油断は禁物と命じてしっかり勝って欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする