J1第6節 札幌-磐田(2-1)

ダントツでJ2降格筆頭候補に挙げられている札幌が、どれだけJ1で生き残る力があるのかという興味で見始めたのだが、それ以上に磐田の状態の悪さが目に付いてしまった(笑)。
特に前半の磐田はひどいもので、引いて守る札幌の前に、ボールを持っても皆がパスをする相手を探しながら、ただ逃げのパスを回しているだけで札幌の守備シフトは全く揺さぶられず、萬代とジウシーニョの2トップに高さが無いのでセカンドボール狙いも出来ず、3バックはダヴィやクライトンを厳しくマークするでもなく札幌のカウンターに対してずるずると下がるだけ。
おまけに、セットプレイでの守備も酷いもので、札幌の2点目の場面を見ていると、CKを弾き返した後は全員がボールのほうばかりを見てまん中にワラワラと集まっているだけで全く押し上げをせず、案の定セカンドボールを簡単に拾われ、磐田の選手ががPAの深いところでポツンと一人だけ残っていたために、ダヴィはオフサイドにかからずに楽々とこぼれ球をゴールに押し込む事が出来た。
後半になって名波が入った事でチーム全体が落ち着き、各選手が落ち着いてパスコースを見つけ、選手のフリーランの頻度も確実に増加して札幌を崩せるようになりはしたが、カウンターに対する不安定ぶりは相変わらずで、後半に限っても決定機の数は両チームに同じくらいの機会があった。
若いチームだからチーム状態に波があるのは仕方ないとは言え、悪い時に辛抱できないとこれからも厳しい戦いが続くのは間違い無いだろうね。つーか、これでガンバやヴェルディに勝てたのが不思議。
札幌は、まあこれしかない超J2スタイルサッカーなんだけど、苔の一年岩をも通すと言うか、全員が腹をくくって迷いなく自分たちがやるべきサッカーをやっていれば、結果と内容は必ずついて来るというサッカーの真理を垣間見せてくれた感がある。
ただ、やはり頼みの外人が怪我や累積警告でいない時にどれだけ我慢して勝ち点を稼いでいけるかが課題なのは確か。まあ、それもプロビンチアの醍醐味なんだけどね(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする