J1第2節 磐田-G大阪(3-0)

いやしかし、今のサッカーは何よりも攻守の切り替えの早さが重要だと思い知らされる試合だったよね。
前半のガンバは、ACL初戦と同様に選手間の意思疎通がまるでうまく行かず、足元へのパスばかりになってあっさりジュビロのプレスに潰されてしまい、セットプレイから萬代が頭で流したゴールと、明らかにエリア外なのにPKになった2点目を決められてしまう始末。
後半になってようやくエンジンがかかったガンバは、後半開始から山崎に代えて投入された播戸とバレーの動き出しが明らかに早くなり、遠藤のパスからジュビロ守備陣の裏をつく攻撃で攻め立てるものの、今日の川口はやたらと当たっていた上に、バレーのシュートがことごとく決まらず、最後はゴンゴールのおまけを付けられてあっけなく敗戦。
ガンバにおける、選手の共通理解不足ゆえの動き出しの悪さ、FWの不調、クロスの精度不足というところはまるでどっかの代表を見る思いがするが(笑)、ガンバの前半と後半の差を見てもそれは紙一重であることは明らかで、今節は4強の浦和、川崎ともに敗れてしまっているが、きっかけをどこが早くつかむかが今年度のJ1優勝争いを左右することになりそうだ。つーか、いきなり鹿島独走じゃつまらないし(笑)。
ジュビロはこの試合では審判も味方して運良く3点を奪ったが、やはり決定力がもう少し欲しいかな。今日の試合でプレスサッカーの良いリズムが出来ているので、この勝ちでうまく調子に乗って行きたいところか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする