松井のルマンは惜しくも延長でランスに敗退&セントミレン戦での中村について

うーん、しかしこれで自動UEFAカップ出場権が無くなって残念。記事によると運が無かったように見えますが、内容的には相当守備がやばかったようで、さすがに最近のイケイケでは調子の良い上位格のクラブ相手にはきつかったという事でしょうか。
さて、昨日は体調こそ良くなって来たのですが、その分家の中の仕事が溜まっていて、サッカーはセントミレン戦の最初と中村が出てからの部分だけを見ていました。
この試合ではロブソンが中村の代わりに先発したのですが、私が見た時間の間では出来は今ひとつで、後半終了間際のFKを中村が決めてリーグ優勝に赤信号が灯るのを阻止し、やっぱり中村は必要だなとチームやサポーターにアピールできた意味では良かったように思います。
が、流れの中でのプレイではらしくないミスが多く、やたらと1対1で仕掛けてみたり、プレスの勢いを交わして不正確なパスをアウトサイドで出してみたりと、バルサ戦の結果と内容を受けてちょっと焦っている感がありましたね。
まあ、セントミレン相手に出来ない事がバルサ相手に出来るわけが無く、個人的な課題にトライする事は悪くないのですが、FKが決まったからいいようなものの、そのまま終わっていたら非難を浴びていてもおかしくありませんでしたよ。松井とは違って、もう他のクラブにアピールする必要は無いのですから、まずはフォアザチームでリーグを制覇することを優先して欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする