東アジア選手権 日本-韓国(1-1)

えーっと、これ何てジーコジャパン?(笑)
しかしいくら怪我人だらけでメンバーが揃わなかったにせよ、アジアカップで完全に優位に立っていたはずのポゼッションを韓国に軽く逆転され、守備はほとんど2対1の数的優位が作れずに簡単にポストプレイからの展開を許してしまい、ようやく低い位置でボールを奪ったかと思ったらパスパスパスの超遅攻で1トップの田代はただ孤立するだけで、流れから演出した決定機はワンツーで内田が切れ込んだシーンのみ、セットプレイからのスーパーシュートと中澤の奮闘ででようやく同点という内容と結果は寂しいの一言。
いや、ここまで岡田ジャパンがオシムジャパン時代のサッカーを早く葬り去るとはさすがに予想してなかったよ(苦笑)。しかも怖いのは、このサッカーが一応岡ちゃんの目指すショートパスサッカーにコンセプトとしては合致しているところなんだよね。
オシムジャパンのコンセプトだったサイドチェンジやオーバーラップ、攻守の切り替えを捨てて、このコンセプトをそのまま進めていけば、本当に世界を驚かせてワールドカップで3位になれるのか、じっくり岡ちゃんに問い詰めてみたいものだ(笑)。
はぁ~、とにかく精神的に疲れたのでとりあえず今日はそんだけ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする