東アジア選手権 中国-日本(0-1)

とりあえず、糞審判の元で糞カンフーサッカーチームに負けなくて良かった。安田が無事でありますように・・・
結果としてはその一言に尽きるが、内容では北朝鮮戦よりは向上したとは言え、まだまだ不満が残ったのも事実だ。
守備については、中国が馬鹿正直にドッカンサッカーだけをやってくれたせいもあるが、中村が下がってダブルボランチの形になった事でバイタルエリアを使われる機会が少なくなり、前線からのプレッシャーとDF陣の高めでのチェックが噛み合い、内田の1対1やポジショニングに問題を抱えていたとは言え、まずまず無難にこなせていたように思う。
しかし攻撃面では、縦へボールを出す意識が強い中村と前への推進力を持った山瀬や安田のおかげで横パスだらけの北朝鮮戦よりは随分良くなったが、相手が疲れておいしいスペースが出来た後半になっても攻守の切り替えは早くならず、選手が前に動いても確信の無いおずおずとした動きになってしまうために、早いタイミングでのワンツーがずれてしまったり、横にただ並んでいるだけの中国DFの前で迷った挙句にサイドでオフサイドになってしまったりと、どうにもチグハグな面はぬぐえなかった。
しかし中国はあれだけ個人の身体能力が高くてサイドのコンビネーションも悪くなく、サイドチェンジも日本なんかよりはるかに綺麗な弾道で蹴れているのに、いつまで経ってもあんな試合しか出来ないんだろうね。次の韓国戦も間違いなくアウェーの雰囲気になるだろうし、そういう中で内容を捨てて結果だけを出してしまうと、いつかのなんとかジャパンの二の舞になってしまうそうだから(笑)、結果よりもまず良い内容を追求して欲しいところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする