ボスニア・ヘルツェゴビナ戦展望

さて、今日は岡田ジャパンのボスニア戦ですね。
いろんな意味でがっかり&不透明な部分が多かったチリ戦を受けての第2戦目という事で、この試合ではある程度岡田ジャパンの実力が問われる事になる試合ではないかと思っています。
特に、エジプト戦まで積み上げてきたオシムジャパンのポゼッションとプレスのバランスという部分が、タイ戦を睨んだ1ボランチのテストとオフ明けのコンディションだったとは言え、チリ戦ではかなり崩れてしまっていたところが気になるところです。
やはり、サッカーはあくまで11人のバランスによって成り立つスポーツなので、今までの土台に先鋭的な要素、岡田ジャパンであれば短い距離での速いパス回しという物を取り入れようとすれば、それはどこかに歪みを作ってしまうもので、それをどう修正して来るのかが注目すべき点になるでしょう。つーか、正直言って別にいじらんでもいいのにって感じなんですが(苦笑)。
選手も、オシムの観戦が刺激になっているようではいかんよ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする