毎年恒例箱根駅伝

昨日と今日は、毎年恒例でサッカーはパスして酒を飲みながら箱根駅伝を眺めておりました。
有力選手が関東の大学に集中してしまったりとか、ハーフマラソンの距離に強化が絞り込まれてしまうためにマラソンの結果につながらないとかの批判はありますが、やはりスポーツエンターテイメントとしては一級品である事には間違いないと思いますね。
陸上界としては、ここまでコンテンツとして大きな存在になっているものを大学スポーツの枠に収めておくのではなく、社会人のチームを加えてオープン化するとか、全国の大学に門戸を広げるとかの方策をすればいいんじゃないかと思うのですが、いろいろしがらみがあって難しいのかもしれませんね。
サッカー界はこれを反面教師にして、天皇杯や高校選手権、そして五輪を始めとするユース世代の世界大会を、あくまでW杯での結果を頂点とした縦のヒエラルキーに組み込むようなマーケティングを行っていかなければいけませんよね。
つーか、これだけ有力なコンテンツを抱え込んでいながら今までバラバラなマーケティングになってしまっているのがそもそもおかしいんだけどね。カピタンも電通と一蓮托生なんだったら、せめて長期スパンでのマーケティング戦略を考えて欲しいものですな(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする