天皇杯5回戦 広島-磐田(2-0)

今日はFCWCも控えているので簡単に。
川口のコメントが現すように、まさになんでこういう試合がリーグ戦で出来なかったのかと首を傾げざるを得ない広島のパフォーマンスだった。
この試合で広島は、2トップを佐藤と平繁、3バックを盛田・ストヤノフ・槙野という形で臨んだが、3バックの位置こそそれほど高い位置取りは出来ていなかったが、ある程度対人と高さに能力があるメンバーだったので、磐田に攻め込まれてもそれほど慌てる事無くきっちりとボールを跳ね返していた。
中盤の間延びも2トップの精力的なカバーリングと追い回しで補い、磐田に連続攻撃をさせる隙を与えなかった。いや、ほんとに何でこのメンバーでリーグ戦を戦わなかったんだろうね。
磐田ははまると強いけれどもそうでないときはもろいというリーグ戦での課題がそのまま出てしまった感じ。選手の技術は非常に粒が揃っているんだけど、鹿島の小笠原や浦和のポンテ・鈴木・闘莉王の縦のラインのような、強固な軸がチームに無いのが痛い。若い選手が多いだけに、今後経験を積んでそういうポイントを作れるかどうかというところだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする