J1・J2入れ替え戦第1レグ 京都-広島(2-1)

運命のJ1・J2入れ替え戦はまず京都が先勝して折り返した。
広島は序盤こそ個人の能力を活かして2度ほど決定機を作ったが決められず、その後は低いラインと中盤の間延びといういつもの悪癖で京都にペースを握られ、これも広島の弱点であるDF陣の弱さと高さ不足を突かれて田原にヘディングから2点を取られるという、悪い意味で予測どおりの展開。
後半になるとやや京都のペースが落ち始め、広島がボールをキープする展開になるのだが、好調のGK平井を中心としたコンパクトな守備布陣を保つ京都の守備陣をなかなか破れず、逆に京都にカウンターで攻められる場面を作るのだがこちらも決めきれず、これで終わりかと思われた後半43分に佐藤の鋭い抜け出しと反転からのシュートを平井が弾いたところを平繁が押し込んで2-1で試合終了。
広島は負け試合ながら貴重なアウェイゴールを得たのは大きく、何とかホームでの試合に希望をつなげる結果となった。しかし、J2相手でも中盤が間延びしてしまう状態は変わらず、ホームで攻撃的に行く事になるのは間違い無いだろうが、しっかり守備陣も押し上げて行かないと逆にアウェイゴールを決められて窮地に立たされる事になりかねない。
逆に京都はもったいない失点だった。とは言え広島相手に1失点で押さえたのは上々であり、これで次に気の緩みが出ないだろうとポジティブに切り替える事だ。アウェイ戦では広島に押されるだろうが、個人能力で上回る相手に引きこもっても無失点に押さえられる確率は低いわけで、攻撃的な守備という命題を持って次に挑むべきところだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする