五輪サウジ戦の展望

いよいよ今日は五輪予選の最後の戦い、サウジ戦ですね。
正直、オシムが倒れて以来どうにもサッカーの試合に集中できなくて、サウジ戦が今晩に迫っても気持ちが一向に高ぶってこないのですが、五輪に出場して経験を得る事もA代表の強化には絶対に必要な事なので、何とか展望をひねり出してみます。
相手のサウジについては、カタール戦を見る限りでは湯浅氏が酷評しそうな(笑)、ひたすら足元へのパスからドリブルで中央突破という攻撃のみで、3人目の動きを交えたサイドからの崩しはほとんどありませんでした。A代表のマレクのような強烈なタレントもいないので、それほどの怖さは無いでしょう。
従って日本がまず気をつけることは、中盤での危ないパスミスをさらわれてドリブルで持ち込まれ、ミドルやFKのチャンスを与えてしまわないようにする事です。コンパクトな守備を維持し、中盤で自由にプレイさせないようにプレスをしっかりとかけ、攻撃では前節の札幌と京都の試合で両チームがやっていたように、シンプルに早いタイミングで前線にボールを送ってパスミスのリスクを減らす事でしょう。もちろん、前線からの守備参加も不可欠です。
フォーメーションは3-5-2にしてサイドよりも中を厚くし、前線はベトナム戦に引き続いて運動量のある岡崎と李が妥当なところでしょう。変に守備的なスタートを切るのではなく、寒さと国立の雰囲気(って微妙だけど(笑))でサウジが戸惑っている間に先制点がゲット出来れば理想ですな。ただ、3-5-2の反町ジャパンでコンパクトだった記憶が無いんだよなあ・・・さらにデカモリシの1トップなんていう布陣だった日には・・・(苦笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする