J1第26節 大宮-千葉(0-1)

うーん、大宮もやっぱり苦しいね。横浜FCと大宮の試合を見ると、やっぱり現在の勝ち点はチーム力をそのまま表しているんだなあと今更ながらに思い知らされてしまう。
大宮は4-4-2の2ラインディフェンスなのだが、ただ後ろの8人をゾーンに配置しましたというだけで、DFの押し上げが無くて千葉がボールを持つとただ後ろに下がるだけで、千葉が攻撃に人数をかけて来るとあっという間にマークの人が足らなくなってシュートまで持っていかれてしまっていた。
攻撃でも、守備から攻撃への切り替わりが非常に遅くて連動性も無く、SBのオーバーラップも数えるほどなので千葉の3バック横のスペースを全く使えず、苦し紛れの横パスをカットされて何度もピンチを作る始末で、千葉に4~5点決められていても全くおかしくないぐらいに内容に差があった。ゴール前のシーンを見比べてみると、千葉側と大宮側で攻守の人数がまるで違うのには笑ってしまうぐらいだ。
おまけに前半42分で水本のカバーにいらついたマルケスが足で水本を蹴ってしまって一発退場したのではとうてい勝てるはずも無い。後半にやや吹っ切れたのか多少サイドを使う場面は見受けられたが、この時期にこの完成度のサッカーではかなり残留の前途は厳しいだろう。
逆に千葉はきっちり守って早く攻める現実的なサッカーが結果として現れてきた様子。特に水本の安定感には目を見張らされる。まだまだ決定力という意味では物足らない部分があるが、ひとまず残留の目処はついて一安心というところだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする