スコットランド・プレミアリーグ第6節 セルティック-インヴァネスCT(5-0)

この日曜日に「関西グルジリ」に参加して少々はしゃぎ過ぎてしまったので、自業自得ですがかなり体が疲れてます。と言うわけで、またも時期遅れの試合を簡単に。
結果だけを見ればセルティックの圧勝だが、内容的には両チームにそれほど大きな差は無く、インヴァネスも高い位置からプレスをかけ、何度もセルティックDFの間隙を縫って惜しいシュートを放っていた。
セルティックは幸先良く先制点を取ったのはいいが、DFからの組み立てやポストプレイでのつなぎに非常にイージーなミスが多く、この数日後に行われたCLシャフタール・ドネツク戦での結果を暗示させるような内容だった。
後半11分に中村のゴールが決まってからはインヴァネスも完全にあきらめてしまった感じがあったが、この試合で苦戦していたほうがCLのためには良かったかもしれない。第7節では中村が怪我をして欠場した影響があったのかもしれないが、アウェーでハイバーニアンに破れる失態をしてしまっているようだし、CLのミラン戦に向けて不安が残るところだ、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする