北京五輪アジア最終予選 日本-カタール(1-0)

いやまさか、本当に最低限の結果を今回も出すとはね(笑)。
とはあまり茶化したくないぐらい、この試合は今までの試合では感じなかった選手の気迫、魂というものを見せてもらった気がする。
確かに、ゴール前での決定的なドフリーの場面を2度作ってしまったり、縦へのクサビを入れるのはいいがその後までもが中央突破に偏ってしまって結局ボールを奪われたり、中盤でボールを奪って内田が早いタイミングで走り出していてもスローダウンしてしまったり、せっかく個人技でボールを支配してもDFラインの押上げが無くて簡単にカウンターのチャンスを作られてしまったりと、試合の運び方や内容は目を覆うばかりの惨状だったが、それでも日本の選手が最後までしぶとく走って食らい付いていた事が、幸運の女神の好感を呼べたのだろう。
しかしこれで勝ち点3の差をつけて日本が首位に立ったとは言え、3試合のうちホームを2試合消化しての結果に過ぎないわけであり、アウェイで2点差を付けられて負けてしまえば一気に劣勢に立たされてしまう厳しい立場であることには変わりが無い。
まあ、このチームは追い詰められないと本気を出せない厄介な面があるので、崖っぷちが続いたほうがいいのかもしれないが、我々の心臓と反町監督の髪の毛にとってはつらい状況が続くことは確かなようである(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする