代表サイドバック考

昨日は趣味のカレー作りに張り切ったおかげで疲れてしまい、ヴェルタを見ながら寝てしまったのでサッカーは見てません(笑)。と言うわけで、久々にいただいた住田さんからの長文のメールをネタに。

オーストリア戦はとても残念でした。
率直に言って勝てた試合だったと思います。
日本のストロングポイントである中盤は中村を中心に十分戦えていました。
少なくとも今日のオーストリア程度のレベルが相手なら、アウェーでも日本はボールも持てるしチャンスも作れます。
問題は、チャンスを作っても点を取れる選手がいないということですね。
決定力うんぬんについてはいまさらというか、日本にとっては永遠に言われ続けている課題です。
日本で唯一国際レベルで戦えるストライカーの高原がいれば、もっとやれていたはずですよね。
残念ながら、今日のオーストリア程度のDFであっても、日本には高原以外に個人の力で点をとれるストライカーがいない。
本来は、高原の個人の力も通用しないような、もっと強い相手と戦うことを前提にして代表チームを作っているんですよね。
決定力の無さ(個人能力の低さ)を補うために、組織で、決定機を出来るだけ”たくさん”作りたいわけですよね。
そのためには、ゴール前までボールを運ぶ過程で(決定機を作る過程で)、当然サイド攻撃がとても重要になると思うのです。
オシムのサッカーに限った話でもなく、現代サッカーにおいてサイドからの攻撃は”肝”だと思うのですが・・・
ガゼッタさん、私はどうにも日本のサイドバックのパフォーマンスの悪さが気になって仕方ありません。
これはアジアカップの時からずっと強く感じていることです。
私はプレミアリーグが好きなのもあって、とくに日本の選手のロングキック(クロスボール)の精度には強く不満を覚えます。
(今の日本のチームでまともにロングキックを蹴れるのは、中村と稲本くらいでしょうか)
なかでもサイドバックはちょっとひどいです。
なぜに、日本のサイドバックはあんなにもレベルが低いのでしょう?
1対1で勝負を仕掛けられない、クロスボール(ミドルシュート)の精度がひどい、プレーの判断が遅くボールを奪われる。
このことと絡んで言うと、逆に日本代表はしばしばアリークロスから失点するケースが多いです。
それは、日本のDFが”まともなクロスボール”に対応する経験が不足しているからだと考えます。
日本の選手(Jの選手)に優れたクロッサーがいないために、クロスが日本のDFの弱点になってしまっている。
それから、オシムのメンバー選考のバランスの悪さにも不満を覚えました。
なぜサイドバックの選手が駒野と加地の2人だけなのでしょうか?
しかもバックアッパーはボランチが本職の今野です。
駒野は右利きで、本来ナチュラルサイドの方が良いプレーをします。
駒野に不得意な左サイドをやらせるほどに、日本には人材がいないのでしょうか?
海外クラブで結果を残している、(左利きの)中田浩二やアレックスはどうして呼ばれないのでしょうか?
今の代表との比較で言えば、はるか10年前の1998W杯フランス大会の時のほうがレベルが高かったように感じます。
相馬(今朝の試合の解説をしてましたね)や奈良橋の方がはるかに良い仕事をしてたように思います。
日本のサッカー(Jのサッカー)は、あれから進歩をしていないのでしょうか?
むろんワントップの弊害で、ゴール前に人数をかけられないという戦術的な弊害は承知しています。
日本のFWには高さが無いし、ゴール前に人数が揃わなければたしかにクロスは入れにくいでしょう。
それでも、サイドバックにおける日本人選手の質の低さには、どうにも失望を覚えずにはいられません。
ガゼッタさん、オシムの選考を含めて、日本代表の(Jの)サイドバックについての御考察をよろしくお願いしますm( _ _ )m

サイドバックに対する不満、私も良く分かります(笑)。Jを見ても、彼ら以上のSBがいるかと言われると怪しいですから、このポジションの悩みはまだまだ続きそうですね。
ここまでの起用を見ていると、オシムがSBに求めているものはまず第一に攻守に何度も顔を出せる運動量、その次が中盤でのプレスに参加したりCBのカバーに入ったりというマルチな守備力ですね。
三都主はその両面で問題が多いですし(笑)、中田浩二については私ももっと使って欲しいとは思っているのですが、彼はそれほど上下動を激しくやるタイプではありませんし、コロンビア戦での守備を見ても、フラットラインのSB的なまずスペースを埋める位置取りをしていたので、オシムの考えに合っていなかったのでしょう。
私は中田はSBよりもCBとして使うべきと思っているのですが、今のところオシムは守備ブロックについては合流しにくい海外組を使うリスクを嫌っている感じですしね。そういう意味では、U-23の安田や内田が成長するのを待ったほうが早いのかもしれません。
今のところオシムはアジアカップ組を重用していますが、このメンバーがそのまま南アフリカまで行くとは思えませんし、安田や内田はまだ五輪で働かなければいけませんからね。何にせよ、おそらく変えるべき時がきたらオシムはスパッとメンバーを変えると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする