ツールドフランス第10ステージ

山岳の合間の平地とは言え、終盤に3級山岳が2つ続けてあり、逃げた集団の中に有力スプリンターを抱えたチームの選手や、マイヨジョーヌのラスムッセンがいるラボバンクの選手がいたために、ほとんどのチームが逃げた集団を苦労して追わなければならない理由が無く、10人の逃げ集団がメイン集団に10分の差をつけてゴールしてしまいました。
フレチャやフォイクト、カザール、アルガンといったツールでも一発ステージ狙いの常連と言える曲者が揃った中でスプリントを制したのはなんと超ベテラン36歳のヴァッスールでした。後続に追いつかれる心配が無くなり、ゴール前で皆がけん制してペースが落ちた一瞬を逃さず、スルスルと飛び出した技はさすがの経験と言うしかありません。
後続の中では、ボーネンがスプリントで集団の2番目でしっかり通過して13ポイントをゲットし、本気でポイント賞のマイヨヴェールを狙っている姿勢を見せましたね。今日の第11ステージは山岳の合間の3ステージの中で唯一の完全平坦コース。ポイント賞争いを大きく左右するステージなだけに、ポイント上位のスプリンターを擁するチーム同士の熱い戦いが見られそうです。
レースレポート

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする