ツールドフランス第7ステージ

第6ステージはボーネンおめでとうと言う事で(笑)、いよいよ本格的な山岳が始まる第7ステージ。
頂上ゴールではないけれど、ゴール前の最後の峠が1級山岳のコロンビエール峠だったので、総合成績が大きく動きましたね。
予想通り、ここまでマイヨジョーヌをずっと着ていたカンチェラーラがコロンビエールの登りで大きく遅れたために、CSCが集団をコントロール出来ず、代わりに集団を引いたラボバンクもあくまで山岳賞狙いのラスムッセンのアシストだったので、結局15人の逃げが決まってしまい、ステージを勝ったゲルデマンにマイヨジョーヌが渡りました。
T-モバイルチームにとっては思わぬプレゼントでしょうが、エースのマイケル・ロジャースが現在総合で良い位置につけているだけに、今日のステージではマイヨジョーヌのボトル運びが見られる事になるのは確かだと思います(笑)。
さて、次の第8ステージは後半に1級山岳が3つも登場、そして頂上ゴールとレースの流れを大きく決めるステージになりそうです。いや、実に楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする