J1第16節 横浜Fマリノス-G大阪(0-0)

試合開始直後と終了間際にはガンバが圧倒的に攻めたが、その他の時間帯はどちらかに大きく流れが傾く事無く、連戦の疲れもあってか攻め合いというよりは守り合いの様相が強くなってしまった。
ガンバは、疲労もあってかいつものような遠藤や二川の前線への飛び出しがほとんど見られず、ボールはバレーや播戸に集まりはしたものの、中澤と久々に復帰した横浜の松田の対人能力の強さに封じられ、分厚い攻撃を仕掛ける事が出来なかった。後半から家長とマグノ・アウベスを入れて3トップにしてはみたものの、かえってSBの上がるスペースが無くなってしまい、攻めが硬直化してしまった。それでもマグノ・アウベスらの個人技で決定機を作れるところはさすがではあるが。あと、遠藤がPAすぐ外からのFKを2度も枠を外してしまったのが痛かった。
横浜は、前半こそ試合勘が戻っていない松田がPA付近でボールを手で止めてしまったりと不安定なところを見せたが、ガンバの勢いが少し落ちてからはCB陣がバレーや播戸を完封、そして榎本もナイスセーブを連発、その守備の勢いが攻撃に伝染して後半途中まではガンバにしっかりと食らいつけていた。ただ、やはり大島がいないFW陣はガンバの守備に対してはあまりに力不足で、後半からハーフナー・マイクが入って高さでは攻めれるようになったものの得点機には至らず、まずまず納得のドローといったところか。
さて、アジアカップ開催に伴う長い中断まであと2試合。両チームとも気分良く休みに入れる結果が出せるだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする