昨日のジロ・デ・イタリア

ええ、昨日ももちろんジロを見てましたよ。それにしても、ゾンコランの登りは聞きしに勝る物凄さでしたねえ。
箱根の峠程度なら鼻歌交じりでバイク並みのスピードで登れるプロ選手でさえ、歩くような速度でしか走れないのですから、最大勾配22%という登りがどれだけ凄まじいかが分かります。
そんな中で、勝利こそ純粋なクライマーであるシモーニに譲ったものの、クラッシュせずに粘って30秒差でゴールしたディルーカは本当に強いです。ウルリッヒが引退し、バッソがドーピング問題で謹慎中という状況を考えると、彼が現在最強のステージレーサーの1人である事は間違い無いでしょう。本人は今のところツールに興味が無いのが残念ですが、ツールでバルベルデやヴィノクロフと雌雄を決する戦いが見たいですよね。
しかし、それよりも驚いたのが若干22歳と言う若さでシモーニに付いていったシュレック弟の強さですね。兄も昨年のツールのラルプデュエズで勝利していますし、そのうちグランツールを兄弟で席巻という前代未聞の事態がやって来るかもしれません。ただ自転車界では、ウルリッヒや今回もジロで勝てなかったクネゴのように、あまりにも若い時期に成功を収めてしまった選手がその後苦しむパターンが多く見られるので、あまり性急にエースに祭り上げられる事無く成長して欲しいところです。
さて、明日はいよいよキリンカップが始まりますね。今回は海外組が多数合流してどういうメンバーが先発になるのか楽しみですが、明日は出張で深夜に帰宅予定(涙)。なので、戦評はその日のうちには無理っぽいので何卒ご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする