J1第13節 千葉-G大阪(1-2)

まだ体調が万全でないので簡単に。
あちこちで書かれているとおり、千葉は決して悪いサッカーをやっていた訳ではなかった。高い位置からのマンマークプレスでボールを奪い、早い攻撃の切り替えで一気にゴール前に攻めると言うオシムスタイルはチーム全体に貫かれている。が、2つの大きな問題がこのチームを結果から遠ざけているように思った。
まず1つは、胸でのバックパスをさらった明神の飛び出しに対してマークにつく判断が遅れ、最後は明神に振り切られて同点弾を許した場面のように、中盤でプレスがかかっている時はいいが、直にDFラインが攻撃に晒された時に、あまりにも簡単にマークを外されてしまう点。
もう1つは、せっかくボールを奪っても次のパスやドリブルを簡単にミスしてしまい、攻撃への素早い切り替えで数的優位になるはずが、このクロスカウンターによって逆に数的不利に陥ってしまう点だ。この2つが重なると決定的なピンチにつながってしまうのは明白である。
選手の能力と経験の問題なのか、オートマティズムに偏ったチーム作りのせいなのかは分からないが、なまじチームの方向性がしっかりと固まってしまっているだけに、こういったあちこちで微妙に歯車が狂ってしまっている状態を立て直すのはかなりの困難かもしれない。とにかくストヤノフの復帰が待たれるところだ。
ガンバは、たくさんのチャンスがあったにもかからわず、自慢の攻撃陣がシュートを打てども打てどもゴールに決められず、流れとしては負け試合の雰囲気だったが、終盤にしぶとく逆転するあたりはさすがに首位の貫禄というところか。まだまだこの勢いは続きそうである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする