欧州CL準決勝第1レグ チェルシー-リバプール(1-0)

プレミア勢同士の対決となった準決勝第1戦。チェルシーはシェフチェンコ、ドログバ、ジョー・コールの3トップによる4-3-3、リバプールはカイトとベラミーの2トップによる4-4-2で臨む。
試合は当然ながら両チームともに長いボールを前線に入れ、セカンドボールから攻めるリスクレスな戦いでスタートしたが、マケレレが復帰したチェルシーの分厚い守りの前にリバプールは徐々に攻めが組み立てられなくなり、横パスやバックパスをさらわれてピンチを何度も作り出してしまう。
そして29分に、カウンターからリカルド・カルバーリョの長いパスがドログバに通り、ドログバが圧倒的なスピードでアッガーを置き去りにし、折り返しをジョー・コールが押し込んでホームのチェルシーが先制する。
ビハインドとなったリバプールは、ここからようやく各選手が前に走りこんでパスコースを作る姿勢が出始め、後半7分にクラウチを投入する事で前線にも起点が出来るようになり、引いたチェルシーに対してゼンデンのサイド突破からのクロスやジェラードを中心としたミドルやボレーを浴びせて攻勢に出る。
しかしフィジカルでリバプールを上回るチェルシーは、クロスを上げられても中をしっかりと固め、クラウチにも厳しくマークして自由なヘディングを許さず、GKチェフもナイスセーブを連発し、きっちりと残り時間を守りきってまずは手堅く勝利を手にした。
何度も書いてる事だけど、相変わらずシェフチェンコはいないも同然だし、攻撃はドログバ頼みのサッカーでもこれだけ個人能力に差があると勝っちゃうんだなあという感想にどうしてもなってしまう(笑)。
リバプールは最初からクラウチが先発して後半のようなサッカーをやってればなあと思うのだが、それでも果たして勝てたかどうか。アンフィールドでは出来るだけ早い時間に先制点を挙げて、何とかしてチェルシーの焦りを引き出したいところだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする