週末の試合雑感

先週末が旅に費やされていたのもあって、この週末に今まで溜まった疲れがどっと出てしまい、試合は見ていたもののPCの前に座る気力が沸かず、そういう時の観戦はだいたいにおいてディテールの記憶があいまいになってしまうので、今日は雑感という形でまとめて書いてしまうことにします。

・欧州CLベスト8第1レグ チェルシー-バレンシア(1-1)

バレンシアが、持てる能力を使い切った完成度の高いコレクティブなカウンターサッカーを見せていたのに対し、チェルシーはカルーやシェフチェンコは付け合せのようなもので、結局はドログバへのロングボールのみのサッカーでしたという感じ。確かに超豪華攻撃陣が噛みあうと強いんだろうけど、きっとそんな日は来ないんだろう(笑)。

・J1第5節 FC東京-新潟(1-3)

うーん、FC東京もレベルは違えどチェルシーのようなもので、ルーカスやワンチョペ、平山をこれからどう使っていくんだろうって感じ。新潟が矢野やエジミウソンのポストからサイドという流れが完成していたのに対し、東京は誰を軸にしてどう攻めるかが全く整理されていない。伊野波が退場してからの方が吹っ切れたのか流れが良くなった。と同時に失点を重ねたけど(笑)。さて、攻守において課題山積みの中、原さんはどうするんだろうね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする