旅人でないほうの中田

昨日は、いろいろと私用が忙しくて試合を見る時間が無かったので、久々に録画してあった「やべっちFC」を見ていました。
その中で、バーゼルの中田浩二が出ていたトークコーナーがあったのですが、その中で「CBはまず1対1で勝たなくてはいけない、そういうところが日本には足りないと思う」との発言があって、思わずウンウンと頷いてしまいました。
一言掲示板でも書きましたが、個人的には高原や中村、松井を呼ぶよりも、中田をまず代表に呼ぶべきだと思っています。あ、もちろん中田とは中田浩二の事で、旅人様とは違うので念のため(笑)。
オシムは中村の召集に対していろいろとエクスキューズを述べていますが、おそらく内心ではそれほど深刻には考えていないんじゃないでしょうか。欧州では、一部の特権的な選手を除けば「走る」事は当たり前ですし、海外組は判断やスキル能力が高いので、何日かの合宿で十分連携を構築する事は可能でしょう。
だいたい、ビッグクラブのような4バックで攻撃的なチームだと、マイボールの時には相手が2トップであってもセンターライン付近まで上がった2人のCBで何とかするのが当たり前で、なんとかジャパンのように、低~い位置で3人のCBがカバーしあうなんてのは、相手にどうぞカウンターをして下さいと言っているようなもんですからね。
オシムジャパンも基本はマンマーク守備なので、まずは1対1で相手を止めるのが基本となるわけですが、今までの試合を見ていても、まだ対処が後手に回ってカバーリング守備になってしまっている事が多いように思います。そこに、中田を呼ぶ価値があるのかなと。
攻撃の選手であれば、連携が足りなければ点を取れないだけで済んでしまいますが、CBの連携不足はどんな強いチームであっても即失点につながってしまいますからね。バーゼルでのレギュラーの座もまだ完全なものではないだけに、是が非でも呼べとは言いませんが、機会があれば試して欲しいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする