フランス・リーグアン第21節 ヴァランシエンヌ-ルマン(1-1)

まあ、前回の戦評でプロビンチアは好調が長く続かないと書いたのだが、早速次の試合でそうなってしまうとは少々予想外だった(苦笑)。
さすがにルマンとは勝ち点3の差にいるチームだけあって、ヴァランシエンヌはトロワとは違って守備が非常にコンパクトで、サイドのスペースもきっちりとケアしていたために、松井がボールを持ってもほとんど猶予を与えてくれなかった。
それでも、たまに松井がフリーの状態でカウンターになった時でも、ロマリッチがいつもの俺様モードになってしまったために、中へ中へと強引なパスを出したり無茶なロングシュートを狙ったりで、サイドにボールを展開して崩そうと言う狙いが全く見られなかったのはガッカリだった。
松井のプレイ自体もこの試合はあまりぱっとせず、ルマンの選手が何度も足を滑らせるようなピッチ状態だったせいもあるのか、得意のドリブルで相手を交わすようなシーンはほとんど作れずじまいだった。まあ、ロマリッチからのあの放置プレイで気分が乗れってのが無茶ではあると思うんだけどね。
1点ビハインドになってからどんどんと攻撃の選手をいれて、幸いにも試合終了間際にトゥーリオが同点弾を決めてドローで終えることが出来たのだが、現在10位にいるとは言え降格圏までは勝ち点8の余裕しかなく、この調子で慢心していると危ないと思うのだが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする