大久保と久保の移籍

久保の横浜FCへの移籍と大久保の神戸への移籍が発表されましたね。
二人とも代表を経験した選手でありながら、かたや横浜Fマリノスとの残留交渉が不調、かたやJ2降格による移籍と、円満とは言えない移籍になってしまったのは寂しい限りです。
特に大久保については、私自身が好きな選手であり、セレッソやマジョルカでの活躍を見守って来ただけに残念な思いがひとしおです。スペインからもオファーがあったそうですが、本人が断ってしまったらしいですね。まあ、本質的に海外が合わない人間はいるもので、大久保や平山もそうなのかもしれませんが。
本来ならば、代表のスタメンとしてバリバリ活躍していておかしくないぐらいのポテンシャルを持っている選手なのですが、セレッソやマジョルカという中盤から良いパスが出てこないチームで空回りしていたり、本来はトップ下かウイングのポジションが適正なのに、最前線のFWで起用されてしまっていたりと、力を出し切れない環境に置かれていたのがもったいない限りです。
まあ神戸とて中盤がしっかりしているチームとはあまり言えないわけですが、手堅いチーム作りをする事には定評のある松田監督の手腕に期待したいところですね。
あ、ついでにこのBlogを携帯からも見られるようにしました。右のサイドバーにあるQRコードを読み取って、ブックマークしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする